新着情報

新着情報一覧

一覧を見る

2021年10月10日NEW
10月の別名をご存じですか?
10月の別名を「神無月(かみなづき)」と言います。
なぜ「神無月」と言うのか?

10月は全国の八百万の神様が、出雲大社(島根県出雲市)へ会議に出かけてしまうと考えられてきました。
その為、神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」、反対に出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月(かみありつき)」というわけです。

年に一度、出雲大社に集まった神様たちは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合います。その為、出雲大社は縁結びの総本山でもあります。
また、来年の天候、農作物や酒の出来なども話し合われているそうです。

全ての神様が出雲に出かけてしまうのではなく、留守番をする神様がいます。
多くの神様が留守の間にも、ちゃんと留守神様として私たちを守ってくれているのですね。


暮らし歳時記より引用